八王子・立川の起業支援と創業融資に特化した若手税理士事務所 │ 八王子・立川起業支援センター

東京都八王子市の上田洋平税理士事務所

運営:八王子・立川の上田洋平税理士事務所【会社設立・資金調達・起業支援の専門家】

042-634-9786

電話受付時間 : 平日9:00〜20:00 休業日:土日祝日

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

起業時の資金調達の方法

起業時の資金調達の方法

起業時の資金調達の方法について、確認していきます。

資金調達先

資金調達先としては、まず、自分がいます。

自己資金がどれだけ、準備できるかですが、限界はあります。

一番、身近なのが、友人や親せきです。

昔から行われている資金調達の方法です。

事業に失敗すると人間関係が悪くなる可能性もあります。

また、最近、注目されているのが、個人の投資家やベンチャーキャピタルです。

ベンチャーキャピタルは、法人として投資を行っている存在です。

そして、銀行です。

銀行からは資金を借りるということになります。

この場合は、融資計画書の出来などが融資を左右することになります。

2つのファイナンス

1.デットファイナンス

デット・ファイナンスとは、金融機関や投資家から借入による資金調達の方法をいいます。

デットとは、「借金・負債」を意味し、将来的に返済義務を負う調達方法になります。

このデット・ファイナンスには利息というコストがかります。

よって、この利息を支払えるだけの利益を会社は出していく必要があります。

BS上では、デット・ファイナンスは、負債(他人資本)の増加となります。

2.エクイティファイナンス

エクイティとは「株式」を意味し、原則として株主には返す必要がない資金調達となります。

BS上では、エクイティ・ファイナンスは、自己資本の増加となります。

エクイティ・ファイナンスは、主に新株発行を伴う資金調達を示します。

よって、株主は株主総会に出席して議決権を行使して、会社経営に対する発言権を得ます。

出資者は、投資するだけの価値のある企業に対して出資を行います。

よって、投資してもらえるだけの価値を会社は生み出さなければなりません。

投資家の目的は、投資した企業の将来の株価上昇により利益を得て、配当金を得ることです。

よって、投資される企業は、業績の向上を常に求められます。

まとめ

資金調達先には、様々なものがあります。

そして、資金調達方法はデットファイナンスとエクイティファイナンスの2つの方法があります。

いずれの調達先、資金調達方法をとるにせよ、目的を明確に示して、賛同してもらうことが資金調達で大事なポイントとなります。

Return Top