八王子・立川の起業支援と創業融資に特化した若手税理士事務所 │ 八王子・立川起業支援センター

東京都八王子市の上田洋平税理士事務所

運営:八王子・立川の上田洋平税理士事務所【会社設立・資金調達・起業支援の専門家】

042-634-9786

電話受付時間 : 平日9:00〜20:00 休業日:土日祝日

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

資金調達に利用できる?起業に役立つ補助金・助成金の知識!

起業をすることで夢を叶えることができるとわかっていても、現実的に一歩を踏み出すまでには多くの難関があります。その一つに資金の問題があります。資金繰りがうまくいかないと会社を存続させることができません。しかし、大きな夢を叶えるために起業したい。そんな方のために今回は、会社設立時に知っておきたい助成金や補助金についての仕組みを解説します。

補助金とは?助成金とは?

助成金は、国からお金をもらえるという仕組みです。これは融資と異なり返済をする必要がありません。

会社の資金を増やすためにも絶対に抑えておきたい仕組みです。助成金を申請してから支給されるまでにかかる時間は短くても3か月程度かかるのが一般的です。

また、似たような仕組みとして補助金というものがあります。助成金が要件を満たせば基本的に受給できるのに対して、補助金はコンテスト形式です。コンテエスト形式であるがゆえに、補助金申請の要件を満たしていても受給できない可能性があります。助成金だけでなく、補助金についても理解しておきましょう。

助成金・補助金の具体例

助成金の種類はいくつかあります。例えば、厚生労働省が取り組んでいる「トライアル雇用奨励金」です。知識や経験が少ない人をトライアルで雇うことを条件に国から支給される助成金です。

次に補助金の具体例です。起業時に使える補助金で代表的なものは、「創業促進補助金」です。創業や、後継者が会社を引き継ぎ、新分野の事業を進める場合に、最大200万円の補助金が受けることができます。

もらえたらもうけもの

補助金・助成金は必ずもらえるとは限りません。それなりの一定の要件や条件があり、審査を通らないとならないからです。しかし、起業する経営者にとって申請するデメリットはありません。もらえたらもうけものとのスタンスで申請してみると良いでしょう。

Return Top