八王子・立川の起業支援と創業融資に特化した若手税理士事務所 │ 八王子・立川起業支援センター

東京都八王子市の上田洋平税理士事務所

運営:八王子・立川の上田洋平税理士事務所【会社設立・資金調達・起業支援の専門家】

042-634-9786

電話受付時間 : 平日9:00〜20:00 休業日:土日祝日

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

あなたは出来ていますか?銀行借入審査を通るためのポイント!

あなたは出来ていますか?銀行借入審査を通るためのポイント!

銀行から融資を受けたいけど、審査を通るのがなかなか難しいですよね。
今回は、そんな銀行借入れする際の審査のポイントについて、いくつかご紹介します!

1.資金の使途

銀行は、融資先の会社が資金を使う目的を確認します。
そのため、融資された資金を特に使う予定がなく、手元の資金を増やしたいという会社は怪しまれますので、審査を通るのは難しいでしょう。
必ず、銀行の営業担当者は、融資申し込み時に、資金の使途を確認します。

資金の使途は、設備投資資金と運転資金2つに分けられていますので、どちらの資金が必要なのかを融資申し込み前に、確認しておきましょう。

また、設備投資と運転資金を同時に申し込むことも可能です。
設備投資資金として、資金調達を行う場合、導入予定の設備の見積書を取り寄せてどれぐらいの資金が必要になるのかを確認しておきましょう。

運転資金の場合、売上の入金と仕入れや人件費など経費支払いのタイミングのズレが、どれくらい発生するかを確認しておいてください。

2.返済能力

銀行は、融資した資金を回収できない場合には、直接的な損害を受けます。
よって、事業計画の妥当性、融資先の業種の現状について、提出書類を確認したり、融資先の社長に対する面談で審査していきます。

また、借入の元金の返済は、経費とはなりません。
借入金の返済に伴う利息のみが経費となります。
ですので、借入元本の返済資金を確保するには、返済資金以上の黒字を確保しないといけません。

そのため、銀行担当者は決算書を見て会社が黒字か赤字かを確認します。
銀行借入審査の対策上は黒字が好ましく、年間返済予定額以上の黒字であることが良いでしょう。

3.返済不能の場合

銀行員は、万が一返済が滞ってしまった時に、不動産や預金の担保、信用力のある保証人であるかを確認します。
従って、社長が不動産を持っているような場合には、担保として提供すると有利な条件で融資を受けることが可能です!

まとめ

銀行借入審査を通るためには、資金の使途を明確にする必要があります。
さらに、返済能力があることを示すために、会社の業績を黒字にしておくことも大事です。

お問い合わせ

起業に関する疑問は、起業家のパートナー税理士上田洋平へ

起業成功のためのお手伝いをさせていただきますよ!

お気軽にお問い合わせください!!

無料相談受付中!
042-634-9786
今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~20:00(月~金)】【休日:土日祝日】
メールでのお問い合わせはこちらをクリック
Return Top