八王子・立川の起業支援と創業融資に特化した若手税理士事務所 │ 八王子・立川起業支援センター

東京都八王子市の上田洋平税理士事務所

運営:八王子・立川の上田洋平税理士事務所【会社設立・資金調達・起業支援の専門家】

042-634-9786

電話受付時間 : 平日9:00〜20:00 休業日:土日祝日

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

[社長の大事なお仕事]経営理念の作り方を知る!

[社長の大事な仕事]経営理念の作り方を知る!

経営理念の作り方について、説明していきます。

1.全ての業種に共通する経営理念

会社の業種により、顧客に対して、提供する商品とサービスは異なります。
ただし、全ての業種に共通する経営理念はあります。

まずは、経営活動を通じて、顧客と地域社会から信頼を得られるようになることです。
特に地域社会に対する信頼は、経営活動を継続する上で大事なポイントになります。

そして、従業員、家族に感謝される存在であることです。
会社が利益を得ていても、従業員や家族の生活が潤わなければ、会社としての従業員の定着度にも関わってきます。

さらに、新しい価値の創造です。
時代は常に変化していき、求められるものは変わっていきます。
常に時代の流れを読み、世の中の需要に応えられるような新しい価値を創造していく必要があります。

最後に品質の向上への意識を強くしていくことです。
どんなに大量に商品やサービスを生み出しても、品質が向上しなければ、世の中には受け入れてもらえません。
常に、品質の向上を目指していくことが、経営活動を継続する上で大事なポイントになります。

2.経営理念をつくる人

経営理念をつくるのは、会社のトップである社長です。
経営理念を言い換えれば、社長の決意ともいえます。
社長が、世の中に対して、どのような商品やサービスを提供していくのかを約束したものともいえる。
そして、社長がその決意をいかに従業員に浸透させていくかが大事になります。

3.経営理念の作り方

経営理念を作る際には、3つのポイントを明確にします。

まずは、経営の目的です。
会社は、従業員の幸福と社会への貢献を目的として、経営していくということです。

そして、会社が行う事業の目的と範囲を明確にすることです。
この事業の目的と範囲が明確でないと、会社として目指しいくゴールがみえません。

最後に会社としての使命です。
会社は継続していかなければならず、そのためには、使命感をもって、顧客に商品とサービスを提供していく覚悟が必要になります。

まとめ

経営理念が明確で、分かりやすく、従業員に浸透している会社は業績も良好です。
経営理念をしっかり作り、行動していくことが大事です。

お問い合わせ

起業に関する疑問は、起業家のパートナー税理士上田洋平へ

起業成功のためのお手伝いをさせていただきますよ!

お気軽にお問い合わせください!!

無料相談受付中!
042-634-9786
今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~20:00(月~金)】【休日:土日祝日】
メールでのお問い合わせはこちらをクリック
Return Top