八王子・立川の起業支援と創業融資に特化した若手税理士事務所 │ 八王子・立川起業支援センター

東京都八王子市の上田洋平税理士事務所

運営:八王子・立川の上田洋平税理士事務所【会社設立・資金調達・起業支援の専門家】

042-634-9786

電話受付時間 : 平日9:00〜20:00 休業日:土日祝日

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

【起業家必見!最終回創業補助金のもらい方講座】申請テンプレート詳細2

八王子・立川の起業家のパートナー税理士
上田洋平です。

おはようございます。

全15回でお届けしてきた創業補助金のもらい方講座ですが、本日で最終回となります。

前回は、創業補助金の申請テンプレートの1〜6までを解説致しました。

本日は残りの7〜13までを解説致します。

1事業の概要
2ユーザー、市場規模(概算)
3ユーザーのニーズ
4現状の課題
5新規事業にて解決すべき課題
6新規事業に必要な設備・投資・運転資金
7事業開始後の具体的な目標
8他者との差別化(独自性)
9市場規模(詳細)
10販路拡大方法
11実施体制
12損益計画
13将来のビジョン

7事業開始後の具体的な目標

・具体的な目標を記載する。
例えば
「✖️✖️を投資することで、従来◯◯分かかっていた溶接工程を△△分まで短縮することができる。」
「✖️✖️の人員を確保することで、従来のノウハウ不足により提供できていなかった◯◯の提供を開始する」
などです。

具体的であればあるほど、良いと考えます。

8他者との差別化(独自性)

・具体的な競合比較を行う。
・比較軸では「3ユーザーのニーズ」で明記した項目を比較するようにする。

9市場規模(詳細)

データソースは以下のものを使用する。
・公表されている統計データを使用して市場規模を明示する。
(「✖️✖️✖️ 市場規模」で検索する)
・日経統計指標、政府公表資料、各種調査団体公表資料
・Googleでの検索数
(Googleのアカウントを持っていれば検索することが可能)

10販路拡大方法

・論理的な文章構成を心がける。

11実施体制

・実施スケジュールを明確にする。
・実施担当者を明確にする。

12損益計画

・2年前から3年後までの損益計算書を作る。

13将来のビジョン

・「将来どのようになっていたいか」「どのようになっているべきか」を記述する。

以上です。

創業補助金の申請テンプレートについて、ご理解いただけましたでしょうか。

創業補助金の募集開始は3月の上旬を予定しているようです。

なんども言いますが、募集が開始してから申請書、事業計画書を書き始めたのでは、第一回の採択に間に合いません。

早めの準備が大切です。

ぜひ行動を起こしてみてください。

お問い合わせ

創業補助金に関する疑問は、起業家のパートナー税理士上田洋平へ

創業補助金獲得のためのお手伝いをさせていただきますよ!

お気軽にお問い合わせください!!

無料相談受付中!
042-634-9786
今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~20:00(月~金)】【休日:土日祝日】
メールでのお問い合わせはこちらをクリック
Return Top