八王子・立川の起業支援と創業融資に特化した若手税理士事務所 │ 八王子・立川起業支援センター

東京都八王子市の上田洋平税理士事務所

運営:八王子・立川の上田洋平税理士事務所【会社設立・資金調達・起業支援の専門家】

042-634-9786

電話受付時間 : 平日9:00〜20:00 休業日:土日祝日

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

【起業家必見!第14回創業補助金のもらい方講座】申請テンプレート詳細

八王子・立川の起業家のパートナー税理士
上田洋平です。

おはようございます。

創業補助金のもらい方について、連載をしてきましたが、残すはあと2回です。

前回は、創業補助金の申請テンプレートをご紹介しました。

今回は、その中身について、少し触れたいと思います。

テンプレートは以下の通りでしたね。

今回は1〜6までの解説です。

1事業の概要
2ユーザー、市場規模(概算)
3ユーザーのニーズ
4現状の課題
5新規事業にて解決すべき課題
6新規事業に必要な設備・投資・運転資金
7事業開始後の具体的な目標
8他者との差別化(独自性)
9市場規模(詳細)
10販路拡大方法
11実施体制
12損益計画
13将来のビジョン

1事業の概要

事業の概要では、次のことを記載します。
・自社の簡単な自己紹介(強みなど)
・事業化の動機・背景
・ビジネスモデルの概要
・本事業の収益性の概要

2ユーザー、市場規模

ユーザー、事情規模では、次のようなことを記載します。
・ユーザーについて(個人?法人?業種は?規模は?)
・金額ベース、数量ベースなどなど定量化したもの
・それについての根拠

3ユーザーのニーズ

ユーザーのニーズでは次のようなことを記載します。
・事業計画全体の「流れ」を左右する重要な要素
・重要な要素について2つに絞って記載
・なぜ重要なのか根拠を明示する(統計資料やアンケート等)

4現状の課題

・ユーザーのニーズが満たされていない理由を記載する。

5新規事業にて解決すべき課題

・ユーザーニーズが満たされていない理由を解決するための方法を記載する。

新規事業に必要な設備・投資・運転資金

・補助申請する主要な経費の具体例を説明する。

7事業開始後の具体的な目標以降については、次回説明いたします。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

お問い合わせ

創業補助金に関する疑問は、起業家のパートナー税理士上田洋平へ

創業補助金獲得のためのお手伝いをさせていただきますよ!

お気軽にお問い合わせください!!

無料相談受付中!
042-634-9786
今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~20:00(月~金)】【休日:土日祝日】
メールでのお問い合わせはこちらをクリック
Return Top