八王子・立川の起業支援と創業融資に特化した若手税理士事務所 │ 八王子・立川起業支援センター

東京都八王子市の上田洋平税理士事務所

運営:八王子・立川の上田洋平税理士事務所【会社設立・資金調達・起業支援の専門家】

042-634-9786

電話受付時間 : 平日9:00〜20:00 休業日:土日祝日

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

補助金と助成金の違いとは??

補助金と助成金の違いとは??

補助金と助成金の特徴と違いについて、確認します。

1.補助金

補助金は、大抵が公募の形になっています。
受付期間が決まっているため、受付期間が過ぎた場合は応募することができません。
補助金の場合は、予算枠が決まっているため、支給要件を満たされているものを対象に審査を行います。
要件を満たしていても、審査に通らなければ補助金は貰えるとができません。
つまり、補助金はコンテスト形式で支給されるかどうかが決まるということです。

2.助成金

助成金は、補助金と異なり、審査がなく、支給要件の基準を満たせば 原則として受給できます。
助成金は、補助金のような公募期間の限定はなく、いつでも利用する事が可能です。
助成金は、雇用保険料が財源です。よって、助成金の支給要件は、新たな人の採用や雇用を増やす等、人に関連することに対する支援であることになります。
また、会社都合で解雇を行っていると、助成金が支給されないこともあるので、注意が必要ですし、社会保険に適切に加入していないと、助成金の申請をすることができません。

まとめ

補助金も助成金も申請をするためには、しっかりとした事業計画書を作成する必要があります。
事業計画書をしっかりと作るためには、公認会計士や税理士などの専門家に相談したほうがよいでしょう。
特に助成金の場合は社会保険との関連性が強いため、社会保険労務士にも相談することをお勧めいたします。
また、金融機関からの融資と異なり、国や地方公共団体からの資金で、返済する義務がなく、利息の負担もありません。
そして、支払いの形式は後払いになります。
助成金の場合、半年経過してからの支給申請であり、補助金は、指定している対象期間を経過しないと、支給申請ができません。
この点も、銀行からの融資とは異なります。
さらに、補助金も助成金も資金の使途に制限はありません。
よって、運転資金、設備資金、借入の返済とどんな目的でも利用することができるという特徴があります。

お問い合わせ

起業に関する疑問は、起業家のパートナー税理士上田洋平へ

起業成功のためのお手伝いをさせていただきますよ!

お気軽にお問い合わせください!!

無料相談受付中!
042-634-9786
今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~20:00(月~金)】【休日:土日祝日】
メールでのお問い合わせはこちらをクリック
Return Top